沖縄県・浦添市にあるダイビングショップ&スキューバダイビングスクール ライセンス取得も!

DMコースカリキュラム
  項目 内容 詳細
@ オリエンテーション
(クラスルームにて)
 PADI DMコースの概要説明    
 スケジュール確認
 ビデオ聴講(約1時間)
 ナレッジレビュー提出
A 水中スキルとスタミナ評価
(ビーチにて)
 400m水泳  以上4種目を5段階評価
 合計12点以上で合格


 ※ コース中に泳力チェックを行いますので、
  前もってトレーニングをしてきてください。
 15分間立ち泳ぎ
 800mスノーケルスイム
 100m疲労ダイバー曳航
 レスキュー評価
  (水中で意識不明・呼吸なしダイバー
  へのレスキューテクニック)
<水中サーチ → 浮上 → 浮力確保 → レスキュー呼吸 → 器材脱装・曳航 → 陸上引上げ>
   
・チェック項目を全てクリアできるか
   合否採点

 デモンストレーションレベルの
 スキル練習+スキル評価
20スキルを5段階評価
全て3点以上で68点以上で合格

  
・詳しくはコチラをクリック
 水中器材交換 バディーブリージングをしながらお互いのマスク、BCD・レギュレータセット、フィンを交換
  
・5段階評価で3点以上合格
B 知識開発のテスト
(クラスルームにて)
 物理 ・5日間の中で計画的にテストを受けてください。
・あらかじめ下記に記載された教材で自習しておくことをオススメいたします。


 
各20問 それぞれ75点(15問)以上合格

1〜5 : エンサイクロペディアを読み、ナレッジワークブックの問題を解く

4 : ダイブテーブルとホイールの使い方をマスターしておく。
  (使用説明書の例題が解けるように)

4〜8 : DMマニュアルを読み、練習問題とナレッジレビューを仕上げておく。

( 5 については、OW・AOW・REDコースでマスターした知識やスキルが前提となっていますので復習しておきましょう)
 生理
 器材
 減圧理論とRDP
 スキルと環境
 ダイブマスターが実施できるプログラム
 認定ダイバーのダイビング活動の監督
 トレーニング中の生徒ダイバーのアシスト
C 現場での応用実習
(ビーチにて)
 PADI OWほか、各コースの海洋実習にインターンシップとしてアシストにつきながら、それぞれの達成条件をやり遂げる。
  (アシスト内容は各コースによって担当インストラクターから指示があります)
 PADIディスカバースノーケリング・ディスカバーローカルダイビング(水中ツアーガイド)・スキンダイバーコースの いずれかを実施する。
  (海域を把握し、ブリーフィング・水中監督・問題解決・出ブリーフィングを行う)
D 提出物  ナレッジ・レビュー DMマニュアル第1〜9章
コース開始前、オリエンテーション時に提出してください。
 水中地図 DMマニュアルp.38〜40参照
コース修了までに提出してください。
 緊急アシストプラン DMマニュアルP.29参照
使用海域における消防署・警察署・救急病院・再圧チャンパー・海上保安庁などの住所と電話番号のリスト
コース修了までに提出してください。
 
          ※ DMコースはプロランクの最初のコースです。
             それ以前の習うことが中心のコースより自発的で積極的な態度で受講されることをのぞみます。
             「DMライセンスをせひ取得したい」方のみのコースです。

PADI 5 STAR ID CENTER S-7452 おきなわJ.BOYダイビング倶楽部
〒901-2127 沖縄県浦添市屋富祖2-19-2
フリーダイヤル 0120-42-3702 Tel 098-870-8707 Fax 098-870-8708